『公爵夫人の50のお茶レシピ』20~21話 あらすじネタバレ

マンガ

『ピッコマ』にて配信中の『公爵夫人の50のお茶レシピ』のあらすじネタバレです。

「待てば0円」で公開されている部分のみネタバレしております。

最新話は『ピッコマ』公式サイトにてご覧ください。

 

登場人物の心理などは過去に配信されている話から推測し、記述している場合があります。

情景描写などにも個人的な主観が混ざっているため、漫画とは表現が異なる部分もあると思います。

私個人の感想も含んだ内容となっておりますので、詳細なストーリーは『ピッコマ』公式サイトでご確認いただくようお願いいたします。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・7話8・9話10・11話12・13話14・15話
16・17話18・19話20・21話22・23話24・25話
26・27話28・29話30・31話32・33話

ピッコマ公式サイトはこちら

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 20話

クロエは一人夕日の入り込む自室で先ほどのアルフォンスの行為を思い返していた。

髪に口づけるなど結婚してから13ヶ月間したこともなかったのに、何が彼を突き動かしたのか見当も付かぬまま「変な人」とクロエは独りごちた。

場面は変わり、キエルはアルフォンスから渡された”あの”クロエが書いたとはとても思えない事業提案書を見て衝撃を受けていた。

執事キエルの中で公爵夫妻の評価は真逆だった。

アルフォンスは尊敬に値する人物である一方、クロエは尊敬に値しない人物として彼の中で認識されているのである。

彼自身はクロエをイジメることに加担はしなかったものの、使用人達がクロエを嘲笑い、イジメている事実を知りつつも放置し、事務的に接してきた。

かつてのクロエは使用人に罪を擦り付けるような自己中心的な人物だったが、最近では不眠症の自分にカモミールティーを手ずから淹れてくれたり、屋敷の面々に対し温かい心配りをしてくれている。

クロエが本当に変わったのか…いずれ分かることだとキエルはそれ以上考えることを止めた。

以前、クロエが変わったと騎士達の間で話題になっていると話し、コリン夫人の怒りを買ったメイドが使用人仲間とクロエの話をしていた。

「奥様は以前と比べて有能で優しく、優雅になった」と考えているメイドと、それに同意する使用人達。

そこに再びコリン夫人が現れ、これまで女主人であるクロエの悪口・陰口を言っても諌める事のなかった彼女が、またもや叱りつけてきたのだ。

違和感を感じたメイドはコリン夫人が『クロエが変わった』という話題に過敏に反応していることに気付く。

クロエのことは13ヶ月間仕えてきた自分が一番よく知っているのだと激怒するコリン夫人は、あろうことか謝罪するメイドを突き飛ばしたのだ。

コリン夫人は使用人達に、そして自分に言い聞かせるかのように、これまでのクロエの様子を捲し立て、これからもクロエの状況が変わることなど無いと語気を強める。

さらに続けようとしたコリン夫人の言葉を一人の人物が遮った。

コリン夫人の剣幕に多少の怯えを滲ませつつ、その人物はハッキリと『奥様は変わったと思う』と言ったのだった。

クロエによって食材取引証明書を盗難した濡れ衣を着せられ、罰を与えられたジャクリンだ。

彼女は奥様の悪い面ばかりを見ようとしないでほしいとコリン夫人に話しかける。

しかしながらジャクリンの言葉は怒りに震えるコリン夫人の平手打ちにより遮られてしまった。

呆気にとられるジャクリンの前で喚きちらし、暴れるコリン夫人を年嵩の執事とメイドが二人掛かりで取り押さえ、なだめようと連れて行った。

その様子を廊下の影からこっそりと見ていた三人の女性がいる。

侍女頭であるコリン夫人が取り乱し、下女に対して暴力を振るう姿は彼女達にとってはあまりにも衝撃的な場面だったのだろう。

ドン引きする二人と、ショックのあまりか顔面を蒼白にし、口元を抑えるリーダー格と思しき女性。

彼女は血の気の引いた顔で何かを考えながらコリン夫人が連れて行かれた廊下の向こうを見やったのだった。

スポンサーリンク

20話 紅茶マニアの感想・解説

やはりキエルは腹黒でした。

クロエにも笑顔で接してくれていたけど、仕事だからであって心の中では彼女の事を軽蔑していたのですから…。

そんな彼でも認識を改めるかもしれないほど、以前と今のクロエの能力と人格は差があるようです。

キエルですらこうなのですから、屋敷の中が混乱しないハズがない。

そしてそれを快く思うコリン夫人でもない。

下女に対して口の端から出血するほどの平手打ちをするのですから、自分とクロエの立ち位置に関しての執念は、もはや狂気を帯びていると言わざるを得ないかな…。

ここまで来ると、もはや手段を選ばなそうな予感がします。

人死にが出るような恐ろしい計画を企てなければ良いのですが…。

厨房の下女であるジャクリンの心の中で、決着がをつけることが出来たようです。

コリン夫人に話しかけている時にジャクリンの脳裏に浮かんだのは、フルーツアイスティーを飲んで喜んでいる同僚の姿でした。

自分に濡れ衣を着せてきたのは過去のクロエであり、今のクロエは厨房の下女に対して心配りをしてくれていますからね。

彼女もクロエが変わったと認めることができ、クロエの過去の行いに対する憎しみが軽減されることとなったのかもしれません。

他の使用人達の間にもクロエが変わった、熱心に仕事をするようになったという認識が広まりつつありますので、少しずつクロエの居場所が出来てくるはずです。

ただ、やはり個人的に気になるのは、以前も感想で書いた魔女狩りの話。

これほどまでにクロエが急激な変化を遂げたのに、誰も悪魔憑きや魔女だと言っていない点が気になります。

コリン夫人もクロエを悪魔憑きとして噂すれば事態は大きく変わりそうなんですけどね…。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』と一緒に美味しいお茶はいかがですか?
『バシラーティー』はお茶の名産地スリランカの紅茶ブランドです。
高品質のお茶を鮮度の良いまま製品化できるのは原産地だからこそ。
美味しさはもちろん、パッケージもとても可愛い!
自分用だけでなく贈り物にもピッタリです。
実店舗がなく、百貨店の催事などでないとなかなか目にできないので、素敵なプレゼントになりますよ。

スポンサーリンク

公爵夫人の50のお茶レシピ 21話

コリン夫人の騒動をこっそりと見ていた三人の女性--クロエの専属侍女のジョセフィーヌ、専属下女のマリーとニーナがこれからのことを話しあっている。

ジョセフィーヌとマリーは専属侍女と下女でありながらクロエをイジメ、ニーナはそんな二人に口をはさむことなどできず、見て見ぬ振りをしてきたのだ。

公爵邸ではキエルが近々クロエに予算管理権を返すかもしれないという噂話があり、そのようなことになればクロエが自分たちに罰を与えることは明白である。

乗り換える時であるとジョセフィーヌは決心し、マリーとニーナを伴い部屋を出た。

本を読むクロエの部屋にジョセフィーヌ、マリー、ニーナの三名が入室してくる。

皆が床に正座をし、謝罪の言葉を口にする様子を見ながら、クロエの心はひどく冷静だった。

本心では揃ってクビにしてしまいたいが今のクロエには使用人の人事権がなく、クビにした後に新しい侍女を雇い入れることができないのだ。

言い付けに従う意思はあるのだろうから最大限利用しようと考え付き、彼女達に仕事を与える。

クロエが彼女達に与えた仕事は『彼女たちがクロエにした事を一つ残らず本人の口から告白させること』。

三人は床に正座したまま自分たちがクロエにしたことを一つずつ告白し、思い出せなければ翌日もクロエの部屋に通うこととなる。

クロエにした全てのイジメを思い出すまで最も長い者は2日と6時間を要した。

専属侍女と下女がクロエの側に寝返ったことは当然ながらコリン夫人の知るところとなる。

使用人達の態度の変化は全てクロエの評判が良くなったことに起因しているので、クロエの評判が落ちれば、今までと何も変わらずにいられるのだ。

夕日が差し込む薄暗い廊下で、コリン夫人は何かを画策しているようだった。

屋敷の中を一人で歩くクロエはキエルから声を掛けられた。

なんと、キエルが予算案を組む時の参考にしたいので、今年下半期の予算案を作成して欲しいと言うのだ。

執事であるキエルにとって、本来ならば公爵夫人の仕事である予算管理まで任されているのは大きな負担となっていた。

これまでのクロエの仕事ぶりから、今のクロエなら予算管理権を返却することが出来るのではないかという考えに至り、キエルはクロエの能力を確かめることにしたのだ。

言葉の裏に隠された彼の意図に気付き、やる気が出てくるクロエ。

目指している普通の公爵夫人に近付く大チャンスに意気込んで承諾したのだった。

スポンサーリンク

21話 紅茶マニアの感想・解説

クロエの置かれている状況が変わることによって、危険な立ち位置となる人も出てきますよね。

専属の侍女・下女でありながらクロエを見下し、バカにしていた三人も危うい立ち位置となるでしょう。

元々はコリン夫人側だったようですが、雲行きが怪しくなったらクロエに乗り換える。

相手が貴族で自分は平民である以上当然なのかもしれませんが、少なくとも信頼できる人物ではないのは確かです。

クロエからすれば、とりあえずの繋ぎとして指示に従う部下を手に入れたという感覚なのかもしれません…。

そしていよいよ普通の公爵夫人に近づく大チャンスが到来しました。

キエルのテストを乗り越えれば予算管理権の獲得が可能ですから、何が何でも突破しなければならないでしょう。

貴族の邸宅の予算管理がどのようなものか想像はできませんが、日本の企業で他人の仕事を押し付けられ、さらには業務範囲外のレクリエーションの企画・実行まで担当していたならきっと出来るはずだ!

頑張れクロエ!

もっと紅茶に関する漫画を読みたい方には『紅茶王子』が断然おすすめ!

紅茶を心から愛する女の子が主人公の学園ファンタジーで、ラブコメ要素もあるので読んでて元気が出てきます。

そしてなんと『紅茶王子』では美味しい紅茶の淹れ方やアレンジティーのレシピも紹介されています!

紅茶が大好きな人はもちろん、紅茶のことを知りたい方、学園もののマンガが好きな方も楽しめる作品です。

完結済の作品ですので続きの更新を待たずに一気読みできちゃいます!

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・7話8・9話10・11話12・13話14・15話
16・17話18・19話20・21話22・23話24・25話
26・27話28・29話30・31話32・33話

ピッコマ公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました