『公爵夫人の50のお茶レシピ』42・43話 あらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピマンガ

『ピッコマ』にて配信中の『公爵夫人の50のお茶レシピ』のあらすじネタバレです。

「待てば0円」で公開されている部分のみネタバレしております。

最新話は『ピッコマ』公式サイトにてご覧ください。

 

登場人物の心理などは過去に配信されている話から推測し、記述している場合があります。

情景描写などにも個人的な主観が混ざっているため、漫画とは表現が異なる部分もあると思います。

私個人の感想も含んだ内容となっておりますので、詳細なストーリーは『ピッコマ』公式サイトでご確認いただくようお願いいたします。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・78・910・1112・1314・15
16・1718・1920・2122・2324・25
26・2728・2930・3132・3334・35
36・3738・3940・4142・4344・45
46・4748・4950

ピッコマ公式サイトはこちら

スポンサーリンク

『公爵夫人の50のお茶レシピ』42話 あらすじネタバレ

ベラドーナ侯爵は衛生面の改善状況の感想をクロエに尋ねた。

クロエはベラドーナ侯爵を労いつつも、お店は衛生面が改善されたばかりのため、最初から全ての店に商品を置くことはできないと告げる。

まずは数店舗のみトリプルスリーの商品を取り扱い、様子を見ながら増やしていくこととなった。

トリプルスリーの業績は好調でクロエは多忙な日々を過ごしながらも、趣味が高じてた事業が発展していくことに充実感を得ていた。

一方、アルフォンスは多忙なクロエが睡眠時間を削って仕事をし、体調に支障をきたすのではないかと心配なようだ。

自分が事業を手伝う、店舗の運営は新たに人を雇うとクロエに提案するも、クロエから自分が楽しくてやっているから大丈夫だと遠慮されてしまえば、彼女の気持ちを尊重したいアルフォンスにはこれ以上の口出しは出来ない。

この時のアルフォンスに出来たのはクロエに短時間ながらも休息を取らせることだけだった。

新商品のクッキーとチョコレートの試作品が出来上がり、騎士団長バロンドールに日頃のお礼として届けに来たクロエ。

他愛もない話をし、席を辞そうと立ち上がった瞬間、立ち眩みで倒れこんでしまう。

クロエの顔色は、アルフォンスやメイド達ほど頻繁に顔を合わせないバロンドールにも分かるほど悪く、やつれているようだった。

バロンドールは一人になった執務室でアルフォンスにクロエの体調のことを報告すべきかと思案するが、クロエに関する些細な出来事は報告不要だと以前に言われたことを思い出す。

最近のクロエとアルフォンスの仲の良さを知らないであろうバロンドールは、かつてのアルフォンスの命令を忠実に守ることにしたのだった。

本邸に戻ったクロエはアルフォンスの待つダイニングルームに息を切らしながら牛歩のごとく進んでいく。

並べられた夕食を前にしても食欲は湧かず、頭痛に顔を顰めるクロエ。

大好物のウズラ料理もたったの一口しか食べられなかった。

そんな彼女の不調を見抜いたアルフォンスは食事中にも関わらず席を立ち、クロエに近づいて話し掛ける。

アルフォンスの行動に焦ったクロエは立ち上がるも、極度の頭痛と眩暈で意識を失ってしまった。

スポンサーリンク

42話 紅茶マニアの感想・解説

商品をお店に置かせてもらえるようになってキラキラ笑顔のベラドーナ侯爵。

娘にもこれくらいの可愛げがあれば良かったものを…。

もともと家格が違いますので本来であれば侯爵令嬢が公爵夫人に喧嘩を売るなど止めておくべき事ですが、父親であるベラドーナ侯爵が頼み込んで取引を開始させてもらった以上、娘がクロエに何かを仕掛けることは今後はできないでしょう。

クロエの気分次第で売れ筋商品が店から消えることになってしまう。

あとは侯爵のコーヒーハウスで食中毒などの飲食問題が起きない事、他の店舗も衛生管理をしっかりしてくれること、彼が別派閥の指金ではないことを願うだけ。

クロエの不調を見抜き、人手を増やして負担を減らすことを提案したアルフォンス。

自分が楽しくて、やりたくてやっているから不要だと言われてしまえばクロエのお茶に傾ける情熱を理解し、尊重してあげたいアルフォンスからしてみればそれ以上強く言うことは出来なかったのでしょう。

惚れた弱みってやつですね。

この時は寝不足であくびしてるだけだったって事も関係しているかもしれませんが。

せめて休息だけは取らせようと自分の執務室のソファで昼寝をさせるアルフォンス。

しかもどさくさに紛れて自分も一緒に添い寝しちゃう。

さすがはやり手の現役公爵。

チャンスを逃さない手腕は見事なものです。

クロエが作ったクッキーとチョコレートにはアールグレイと抹茶を練りこんでいるようです。

ミルクジャムも紅茶味と抹茶味を販売しており、そちらの売れ行きもまずまずとのこと。

帝国の人々のお茶に対する抵抗感もアーサー皇子ジャスミンティー計画により少しずつ薄れてきているようです。

お茶を愛する人間としてはお茶が認められるのは嬉しい限り。

しっかりと市民権を得ることが出来れば、クロエでは考えつかなかったようなお茶に関する商品が市場に出回るかもしれないですからね!

そろそろバーテンベルク領でも本格的に茶葉の栽培をするべきじゃないかな!

バロンドールと談笑した後に激しい眩暈を覚えるクロエ。

本邸に戻った後も医者を呼ぶべきだとわかっていつつもアルフォンスとの夕食を優先してしまいます。

そして夕食も喉を通らず、結局は意識を失ってしまいました。

体調不良の原因は過労でしょうか?

現代日本と帝国では当然ながら生活のレベルも従業員の意識・知識も段違いです。

少しでも日本の水準に近づけようと、全部自分でやってしまったのかなぁ。

元々企業勤めをしていた時も頼まれたら断れず、どんな仕事も自分でするのが当たり前だった楓ですからね。

当然ながら自分で何とかしようとしたでしょうし、それが自分の大好きなお茶に関することだったから尚更誰かに頼むことは出来なかったんでしょう。

事業に関する事柄だけではなく、今のクロエは予算管理権も人事権も持つ名実共にバーテンベルク邸の女主人。

日頃の邸宅の管理と事業でキャパオーバーしたように思えます。

アルフォンスの目の前で倒れてしまったし、今の彼なら重度の過保護になってしまうのではないかと少々心配です。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』と一緒に美味しいお茶はいかがですか?
『バシラーティー』はお茶の名産地スリランカの紅茶ブランドです。
高品質のお茶を鮮度の良いまま製品化できるのは原産地だからこそ。
美味しさはもちろん、パッケージもとても可愛い!
自分用だけでなく贈り物にもピッタリです。
実店舗がなく、百貨店の催事などでないとなかなか目にできないので、素敵なプレゼントになりますよ。

スポンサーリンク

『公爵夫人の50のお茶レシピ』43話 あらすじネタバレ

意識を失ったクロエは自室に運ばれ、医師の診察を受けることとなった。

容体は深刻であり、クロエを早く休ませなかったことをアルフォンスは後悔する。

さらに追い打ちをかけるように、騎士団長バロンドールより、クロエの不調に気付いていたが彼女に関する報告は不要だと厳命されていた事を思い出させられ、言葉を無くすアルフォンス。

自身の彼女への関心の低さが招いたことだった。

アルフォンスはクロエと過ごした時間を思い出し、彼女が自分にとって非常に大切な人物となった事を再認識する。

この気持ちが「愛」であるとアルフォンスは理解したのだった。

万全とは言えないもののクロエは復活した。

アルフォンスとともにダイニングルームで朝食を取れるまでになったのだ。

クロエの自室には使用人達が入れ替わり立ち代わり見舞いにやってきた。

クロエの不調に気付けなかったことを謝罪するバロンドール、メイドのエリー、涙を流してクロエの復活を喜ぶジェイコブと呆れた目で彼を見るバルト・カイン、調理場を代表して見舞いに来てくれたジャクリンとアシュリー。

山のように積まれた見舞いの品を見ながら、クロエは自分が多くの使用人達に心配されていたことを嬉しく感じるのだった。

未だ絶対安静のクロエはベッドの上の住人であり、執務机まで持ち込んだアルフォンスの監視下にある。

お茶が飲みたい、部屋から出たいという要求も脊髄反射のごとく却下されてしまえば、クロエに出来ることは寝る事だけだった。

やつれはしたものの数日前とは打って変わって穏やかなクロエの寝顔を見つめるアルフォンス。

寝ている彼女に思うところはあるものの、色々と気合で我慢したアルフォンスはこっそりクロエに口づけたのだった。

スポンサーリンク

43話 紅茶マニアの感想・解説

想像以上に容体は深刻だったらしいクロエ。

しかしながら医師は病名は診断しなかったので、やはり過労かと思われます。

クロエの不調に気付けなかったメイドや侍女を叱咤するも、一番悪いのは仕事をし続けるクロエを止めなかった自分であるとアルフォンスは思っていました。

そこに過去の自分がバロンドールに下した命令を思い出させられたのですから、かなりショックだったようです。

クロエに付きっ切りで看病しながら、彼女への気持ちが愛であるとアルフォンスは理解します。

実の親からは愛情を注いでもらえなかったものの、メイソン夫人から愛情を持って接してもらえていたおかげで、クロエを愛していると気付けたんですね。

メイソン夫人に足を向けて眠れないね。

無事に復活したクロエには多くの使用人達が見舞いに来てくれました。

楓がクロエになったばかりのころは使用人達との関係も非常に悪かったですから、いかに楓が関係改善に努め、その結果が出ていたかということが分かりますね。

感無量だっただろうなぁ…などと暢気に思ってしまいます。

予算管理権・人事権・使用人達からの信頼を得ることができましたので、誰が何と言おうとクロエはバーテンベルクの立派な女主人です。

アルフォンスも先の夜会ではっきりと公言していますので、内外共にクロエの地位は盤石なものとなりました。

元の世界には戻れないかもしれないけど、この場所で第二の人生をしっかり生きていくことが出来ます。

自分の印象を下げることは一瞬でできますが、挽回することは本当に難しいのは誰もが知っていることです。

それを見事に成し遂げたのですから、本当に楓はよく頑張った。

事業も好調ですしね。

あとは体調管理を徹底すればバッチリね!

日本と違って自分が体調を崩すことが多くの人間に影響する立場となってしまいましたからね。

次回は復活したクロエのティータイムを見られるかな?

使用人達と一緒にクロエ快気祝いパーティーとか、心配かけてごめんねのお茶会とかやって欲しいな。

屋敷のみんなと一緒にほのぼのしているお話が読みたいです。

もっと紅茶に関する漫画を読みたい方には『紅茶王子』が断然おすすめ!

紅茶を心から愛する女の子が主人公の学園ファンタジーで、ラブコメ要素もあるので読んでて元気が出てきます。

そしてなんと『紅茶王子』では美味しい紅茶の淹れ方やアレンジティーのレシピも紹介されています!

紅茶が大好きな人はもちろん、紅茶のことを知りたい方、学園もののマンガが好きな方も楽しめる作品です。

完結済の作品ですので続きの更新を待たずに一気読みできちゃいます!

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・78・910・1112・1314・15
16・1718・1920・2122・2324・25
26・2728・2930・3132・3334・35
36・3738・3940・4142・4344・45
46・4748・4950

ピッコマ公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました