公爵夫人の50のお茶レシピ 48・49話 あらすじネタバレ

公爵夫人の50のお茶レシピマンガ

『ピッコマ』にて配信中の『公爵夫人の50のお茶レシピ』のあらすじネタバレです。

「待てば0円」で公開されている部分のみネタバレしております。

最新話は『ピッコマ』公式サイトにてご覧ください。

 

登場人物の心理などは過去に配信されている話から推測し、記述している場合があります。

情景描写などにも個人的な主観が混ざっているため、漫画とは表現が異なる部分もあると思います。

私個人の感想も含んだ内容となっておりますので、詳細なストーリーは『ピッコマ』公式サイトでご確認いただくようお願いいたします。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・78・910・1112・1314・15
16・1718・1920・2122・2324・25
26・2728・2930・3132・3334・35
36・3738・3940・4142・4344・45
46・4748・4950

ピッコマ公式サイトはこちら

スポンサーリンク

『公爵夫人の50のお茶レシピ』48話 あらすじネタバレ

クロエはダージリンの用意をし、皇帝ウラディミールの元へ戻ってきた。

ウラディミールの前には3つのティーポットが並んでおり、一度に3種類のお茶を楽しめることをウラディミールも喜んでいるようだ。

クロエが最初にカップに注いだのはダージリンのファーストフラッシュ。

毎年3~4月に収穫される一番茶で、柔らかい黄金色のお茶である。

発酵の浅いファーストフラッシュは花のような香りとキリッとした渋みが特徴だ。

次にカップに注いだのはダージリンのセカンドフラッシュ。

5~6月に収穫される二番茶であり、水色は茶色く紅茶らしい色合いをしている。

果物のような香りを備え、味もファーストフラッシュよりも甘さが強いお茶だ。

最後に注いだのはダージリンのオータムナル。

秋に摘まれる茶葉で、先の2つのお茶に比べると香りの広がりは少ない。

しかしお茶の味は甘く、ウラディミールには甘すぎて飽きてしまいそうだと感じるほどだった。

3種類のお茶の中ではセカンドフラッシュを気に入ったウラディミールは、その独特な香りをワインに通ずるものだと評価する。

実はダージリンは「紅茶のシャンパン」とも呼ばれる茶葉であり、世界三大茶の一つにも数えられるほどだ。

クロエの働きを喜んだウラディミールはバーテンベルク公爵邸に取引の契約書を送ると約束したのだった。

皇帝であるウラディミールがお茶を嗜むという話が社交界に広まり、貴族達の間で紅茶は流行の最先端となった。

クロエの元には茶葉を購入させてもらえないかという打診の手紙が毎日のように届くほどだ。

トリプルスイートでも茶葉を販売することを決意したクロエは、手始めにバラトのアッサムとシンハラの茶葉を取り扱うことにする。

アッサムは濃厚な香りとコクがあるお茶であり、シンハラはセイロンティーに似た万能な茶葉である。

どちらも番人受けするお茶なので売れ残りが出てしまう可能性が低く、損害を出さずに済むであろう茶葉だった。

販売する茶葉が決まったら次はどのようにアピールしていくかを考えなければならない。

アッサムもシンハラも気軽に飲みやすい中級品を取り扱うので、少し手を加えてでも親しみを持ってもらえるようにした方が良いだろう。

かといって手を加えすぎてしまえば再現性は低くなってしまう。

何か方法がないかと思案していたクロエに良いアイディアがひらめいたのだった。

スポンサーリンク

48話 紅茶マニアの感想・解説

ウラディミールに3種類のダージリンを紹介し、みごと皇宮との取引をつかみ取ったクロエ。

陛下はダージリンセカンドフラッシュがお好みのようでした。

セカンドフラッシュはダージリンでも花形の茶葉で、私自身も大好きなお茶の一つです。

品質の良いものになると「マスカテル」と呼ばれるマスカットのような香りが茶葉からしてくるんです。

何も着香していないのに爽やかでジューシーな香りがしてくるダージリンは、上手く淹れられると本当に美味しいです。

その分、納得いくお茶を淹れる難易度も高いですね。

皇帝ウラディミール、皇子アーサー、社交界の花イゾルデ・ウィンチェスター令嬢といった貴族社会でも力のある人物達がこぞってお茶を嗜むようになりました。

かつては野蛮人の飲み物と蔑まれていたお茶は、もはや流行の最先端。

お茶好きとしてはどんどん嬉しい流れになってきています。

そしてクロエのお店『トリプルスリー』でも茶葉の販売を始めることが決定しました。

手始めに万人受けのアッサムとシンハラの茶葉を販売し、さらにお茶の流行を広めていく戦法を取るようです。

シンハラがセイロンティーに近いなら、間違いなく万人受けのお茶です。

ストレートで飲んでもミルクティーでも、フルーツを入れてもハーブを混ぜても大丈夫。

もちろんホットだけでなくアイスティーも美味しいので、紅茶入門には個人的にはセイロンティーをオススメしたい。

ダージリンやアッサムは有名な茶葉ではありますが、ダージリンは香りの好みがあり、アッサムは渋みが苦手という方もいますので、やっぱりセイロンティーを推したい。

あとはインドのニルギリ、中国のキームン(キーマン)あたりがオススメかな。

クロエにはここから少しずつ色々な茶葉を広めていき、紅茶の沼にドップリ浸かる人を増やして欲しいところです。

『公爵夫人の50のお茶レシピ』と一緒に美味しいお茶はいかがですか?
『バシラーティー』はお茶の名産地スリランカの紅茶ブランドです。
高品質のお茶を鮮度の良いまま製品化できるのは原産地だからこそ。
美味しさはもちろん、パッケージもとても可愛い!
自分用だけでなく贈り物にもピッタリです。
実店舗がなく、百貨店の催事などでないとなかなか目にできないので、素敵なプレゼントになりますよ。

スポンサーリンク

『公爵夫人の50のお茶レシピ』49話 あらすじネタバレ

太陽が眩しすぎるほど空は晴れ渡り、暑さを感じる日。

いよいよトリプルスリーで紅茶を販売することとなった。

流行の最先端とはいえ、まだまだ紅茶のことを知らない人が多いので、クロエは2種類の紅茶の試飲を用意していた。

1つはシンハラの茶葉を使用したアイスティー。

帝国人にとって馴染み深い飲み物であるレモネードを連想してもらおうと、アイスレモンティーにして提供した。

くし切りにしたレモンの果実が入ったアイスティーは見た目にも華やかで、ご婦人達の心を掴んだようだ。

気温の暑さも手伝い、アイスレモンティーは瞬く間に品切れとなってしまった。

クロエが用意したもう一つの紅茶は温かいアッサムティー。

特有の濃厚な香りを有するアッサムも一定の人気があるようだ。

この日の試飲は大成功と言え、クロエはシンハラとアッサムの茶葉を輸入することを決定した。

邸宅の廊下を歩くクロエは、メイドのエリーからお祝いの言葉をかけられた。

お茶好きな人が増えたと喜んでいるエリーに対し、流行を追っているだけで本当にお茶が好きな人が増えたわけではないとクロエは答える。

せっかくのチャンスを逃さないよう、美味しいお茶を紹介し続ける必要がある。

ちょうどその時、バーテンベルク邸に商人の一団がやってきた。

彼らはダージリンを生産する農園の人間で、今年のダージリンセカンドフラッシュを持ってきてくれたのだ。

数あるお茶の中から良質なものを当たり前のように選別しているクロエ

的確な判断はお茶に疎い帝国の人間とはとても思えず、クロエは一体何者なのだろうかと農園の人たちは驚きの目で見ていていたのだった。

選別した5種類の茶葉を試飲するクロエ。

一つずつ丁寧に香りと味を確かめていると、商人達が到着した時には明るかった空もすっかり夕暮れの色合いとなっていた。

無事に取引を終えたクロエだが、病み上がりなのだから無理はしないようにとアルフォンスに心配される。

最初の頃は自分のことを心配してくれる人だとは思いもしなかったので、自分たちは随分親しくなったと思うとクロエはアルフォンスに言った。

クロエはこの世界に来てから様々な人達に会い、かつてのアルフォンスの心中を推測する。

彼女の脳裏にはアリアナの顔が浮かんできた。

舞踏会でクロエの悪口をアルフォンスに追及された時の鬼気迫る表情、先日のお茶会でアルフォンスと自分は恋仲だったのだと自慢げに話す表情。

自分のことを愛していると言っておきながらも自分に対する配慮のない態度ばかりを見てきたら、愛に嫌気がさすのは当然だろう。

クロエは結婚前の契約書に書かれた「互いを愛さない」という条件を思い出す。

今の関係に満足しており、二人の仲を壊したくないクロエは、自分がアルフォンスを好きになる事は決してないから安心して欲しいと彼に告げた。

その言葉がどれほどアルフォンスの心を傷つけることになるか、クロエは知らなかったのだ。

スポンサーリンク

49話 紅茶マニアの感想・解説

トリプルスリーで紅茶の試飲をする日がやってきました!

天候にも恵まれ、流行に敏感そうな女性達がいるトリプルスリーの店内。

見た目にも華やかなアイスレモンティーを試飲してもらうとは考えましたね。

シンハラの茶葉はセイロンティーに近いもののようですので、レモンティーにはピッタリでしょう。

軽くてのど越しが良く、ゴクゴク飲めるアイスレモンティーは非常に好評。

作り方も難しくありませんから貴族の婦人が邸宅で飲むのにも人気が出そうですね。

今回は暑い日だからアイスティーにしたようですが、涼しい日にはミルクティーやチャイの試飲も良いですね。

早くお店の2階をティーサロンにしてどんどん新しいお茶を提案すれば良いと思うの。

美容に良いハーブティーも販売すれば、貴族の女性なら群がるんじゃないかな。

ついでにハーブを使用した化粧品にも手を出してしまえば良いと思います。

それからハーブを使用したお菓子とかも。

ダージリンの買い付けでは農園の人たちもクロエの知識に驚いていました。

茎は少ないほうが良い、茶葉は大き目で均一の大きさが理想的だなんて、お茶に詳しくないだろうと思ってた帝国人の口から出て来たらそりゃビックリ。

さらに彼らが驚いたのは、農園のオーナーが口にした一言。

数か月前に帝国内の茶葉だけでなく、周辺の国の茶葉を買い占めたのがクロエであるとのこと。

一般人が飲むお茶すら無くしてしまうほどの圧倒的すぎる財力は伝説にもなっているとかなんとか…。

アルフォンスが買ったお茶の量は確かにすごかったけど、伝説になるほど買い占めていたのね。

オーナーの言葉に恐れおののいた彼らは、以後借りてきた猫のごとく大人しくしていました。

茶葉のお買い物に満足したクロエの体調を心配するアルフォンスですが、出会った頃からは考えられない進歩です。

元々はまともに話す事すらできなかったのですから、本当に親しくなったと思います。

アルフォンスなりに自分の気持ちを(主に態度で)伝えてはいますが、やはりクロエには伝わり切っていない様子。

自分にとって相手がどれだけ大事かってのは、一度は言葉にしないと伝わらない。

クロエが良かれと思って口にした言葉がアルフォンスを傷つけてしまうのですから、すれ違いも良いところです。

次回以降の2人の関係がどうなっていくのか楽しみですね。

もっと紅茶に関する漫画を読みたい方には『紅茶王子』が断然おすすめ!

紅茶を心から愛する女の子が主人公の学園ファンタジーで、ラブコメ要素もあるので読んでて元気が出てきます。

そしてなんと『紅茶王子』では美味しい紅茶の淹れ方やアレンジティーのレシピも紹介されています!

紅茶が大好きな人はもちろん、紅茶のことを知りたい方、学園もののマンガが好きな方も楽しめる作品です。

完結済の作品ですので続きの更新を待たずに一気読みできちゃいます!

『公爵夫人の50のお茶レシピ』

各話の詳細なあらすじ・ネタバレは以下のリンクよりどうぞ。

1~5話&登場人物紹介
6・78・910・1112・1314・15
16・1718・1920・2122・2324・25
26・2728・2930・3132・3334・35
36・3738・3940・4142・4344・45
46・4748・4950

ピッコマ公式サイトはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました