ロイヤルホストの2021パフェメニュー 苺のミルフィーユパフェを食べてきた!

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ 全体像スイーツレポ

2021年1月13日よりロイヤルホストの冬の恒例イチゴデザートがスタートしました。

可愛い・美味しいで毎年大人気のロイヤルホストのイチゴスイーツ。

今回は「苺のミルフィーユパフェ」を食べて来ました。

感想と気になるカロリー情報をアップします!

「苺のブリュレパフェ」は別記事にて感想をアップしています。

そちらもぜひご覧ください。

スポンサーリンク

毎年大人気!ロイヤルホストのイチゴフェア!

ロイヤルホスト イチゴフェアスイーツ
出展:ロイヤルホスト公式サイト

見た目の可愛さと味の美味しさから毎年大人気のロイヤルホストのイチゴスイーツフェアが今年もやってきました!

1月13日よりスタートした2021年のイチゴスイーツは全部で5種類。

今年は5月上旬までイチゴデザートフェアを実施予定です。

イチゴがふんだんに使用されたスイーツはどれを食べようか迷っちゃいますね!

  • 苺のブリュレパフェ(880円+税)
  • フレジェ仕立ての苺パフェ(780円+税)★
  • 苺のミルフィーユパフェ(780円+税)★
  • 苺のヨーグルトジャーマニー(780円+税)
  • 紅茶のシフォンケーキ~苺のソルベ添え~(680 円+税)

2021年のイチゴスイーツは第2弾がある!

なんとなんと!今年のロイヤルホストのイチゴスイーツフェアは第2弾(2nd season)があるのです!

3月中旬からスタートする2nd seasonでは2種類のデザートが変更になります。

上のメニューで★を付けた「フレジェ仕立ての苺パフェ」と「苺のミルフィーユパフェ」は1nd season限定デザート。

まさに「今しか食べられない」デザートとなっていますので、気になる方はお早めにロイヤルホストへどうぞ!

スポンサーリンク

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェを食べてみた感想

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ 全体像

こちらがロイヤルホストのイチゴスイーツフェアのパフェの一つ「苺のミルフィーユパフェ」です!

トッピングのイチゴがしっかりと赤くて瑞々しいイチゴ!

練乳っぽいのがかかっているのがポイントですね。

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ 側面から

苺のミルフィーユパフェの側面はこのようになっています。

横から見ると層が下に行くごとに赤に近づいて行っている感じがしますね。

グラデーションになってて綺麗です。

苺のミルフィーユパフェはこんな感じに作られている!

複数の層が重なる様子はさながら地層のような苺のミルフィーユパフェ。

先にネタバレになっちゃうけど、パフェの構成は次のようになっていると思います。

  • 生クリーム
  • イチゴ&パイ生地
  • バニラアイス
  • イチゴソルベ
  • イチゴのコンポート

私が食べて各層を判断しているので、間違いがあったらごめんなさい。

苺のミルフィーユパフェを食べてみる!

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ キラキラのイチゴ

一番上の生クリームはミルキーですが、かなり甘いです。

多分ですが、練乳の甘さかな。

練乳がかかってるから甘いんだと思うんですが、クリームのどこを食べても甘かったから練乳が混ざってるのかな?

パイ生地はもちろんサックサク!

甘さがなくて香ばしいパイ生地なので、イチゴと食べてもバニラアイスと食べても◯

パフェといえば甘い部分が圧倒的なので、甘さがない部分があるとホッとしますよね。

今回のパイ生地は甘さがないというだけなのですが、塩味がしても良さそうな感じがします。

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ バニラアイス

イチゴをどかすとバニラアイスが出て来ます。

バニラビーンズがちゃんと使用されているのが見てわかりますね。

このバニラアイスはパイ生地に次いでパフェの中でも甘さは控えめです。

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ バニラアイスの下のパイ生地

バニラアイスの下にもパイ生地が入っています。

パイ生地大好きな人、安心してください!

トッピングの4枚だけじゃありませんよ!

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ イチゴソルベ

パイ生地の下にはなめらかなイチゴソルベ。

シャリシャリしてなくてイチゴの風味がしっかりあります。

甘さは強いけど酸味もあって美味しい。

イチゴソルベとパイ生地を一緒に食べてももちろん美味しいです。

ロイヤルホスト 苺のミルフィーユパフェ イチゴのコンポート

一番下にはイチゴのコンポート

シロップごと入っているので、このパフェの中で一番甘い層です。

イチゴソルベと立て続けで甘い層がくるので、人によってはコンポートは食べられないかも。

スポンサーリンク

苺のミルフィーユパフェ 価格と全体的な感想

苺のミルフィーユパフェは単品780円(税抜き)。

今回のパフェは上から下にいくにつれて、甘さが強くなっていくタイプです。

イチゴも新鮮で甘くて美味しいものが使用されていました。

先に感想をアップしている「苺のブリュレパフェ」と比べるとブリュレ部分がないこと、ナッツやバナナが入っていないことが違いかな。

そのため「苺のブリュレパフェ」の方がボリュームがあります。

色々な食感を楽しみたい時やボリュームが欲しい時は「苺のブリュレパフェ」、ほどほどのボリュームで甘いものが食べたい時や甘さが控えめの部分も欲しい時は「苺のミルフィーユパフェ」がおすすめです。

スポンサーリンク

苺のミルフィーユパフェ 詳細栄養データ

商品名苺のミルフィーユパフェタンパク質6.0g
提供店舗ロイヤルホスト脂質27.4g
価格(税抜き)780円炭水化物56.8g
エネルギー494kcla食塩相当量0.4g
アレルギー物質小麦・卵・乳成分・オレンジ・大豆・ゼラチン

知らない人もいるかもしれないロイヤルホストのアフタヌーンティーセット。

平日限定のメニューを食べて来ましたので感想を記事にしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました