PS5の機能を紹介する新トレーラーが公開!デモンズの名シーンも登場!

ゲーム

Play Station BlogにてPS5の新しいトレーラーが公開されました。

今回のトレーラーはPS5の機能を紹介する内容となっており、発売が予定されているゲームの映像も少しずつですが見られるトレーラーです。

デモンズファンが大好きな名シーンもトレーラーにありました!

スポンサーリンク

Play Station Blogにて公開されたトレーラーはこちら!

PS5™ Game Play Featureトレーラー

キャプション?からしてDemon’s Soulsですね!

売上が期待されているタイトルということでしょうか?

肝心のデモンズの映像は0:20頃からですね。

みんな大好きラトリア運送!…の一歩手前の映像。

ラトリア運送まで公開しちゃうとデモンズファンが満足しすぎちゃうと同時にトレーラー見てる人が爆笑しちゃうからね。

やっぱりPS3の時代とは違って映像が綺麗になっています。

細かくて滑らかな印象です。

Demon’s Soulsが現役だった10年前の時点で既に非常に綺麗な映像だと思っていたのですが、それ以上にどんどん美しくなっていく。

私が生きている間にどこまで進歩してくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

トレーラー・ブログで紹介されたPS5の機能

トレーラー内ではゲームの映像とともにPS5の機能が紹介されています。

・ビジュアルと超高速SSD
・ハプティックフィードバック
・アダプティブトリガー
・3Dオーディオ

ブログでは各ゲームの開発者のコメントも見られるので、PS5を楽しみに待ってる方は必見です。

ビジュアルと超高速SSD

そもそもSSDとは何ぞや状態だったのですが「ソリッド・ステート・ドライブ」の略のようです。

パソコンのHDDの上位互換版らしく、そういえば私のノートパソコンもSSDでした…。

HDDは回転しているディスクに情報を読み書きし、SSDは内臓しているメモリーチップに読み書きします。

そのためHDDは情報の読み書き時にヘッドが移動する時間(シークタイム)が発生するのに対し、SSDは物理的な移動時間なく読み書きできるため高速処理が可能だそうです。

PS5では超高速SSDを使用しているため、ロードの時間が短縮されるだけでなく、精細で美しい映像を読み込むことができるそうです。

今までよりも美しい映像がさらに短いロード時間で再生可能になるようですので、ゲームをする時のローディング画面ストレスが激減しそうですね。

死んで覚えるデモンズソウルにとっては非常に重要な性能です。

ハプティックフィードバック

情報を見ていると、ハプティックフィードバックはこれまでのコントローラーにも搭載されていた振動機能のようです。

車が地面を走る振動や、鉄と鉄がぶつかりあう感触、敵の攻撃をガードした時の力強さなど、幅広い表現に対応できるようになるらしいです。

これまでの画一的な振動がゲームによって全く異なる表現となりそうですから、リアルな臨場感を楽しむことができそうですね。

このハプティックフィードバックをどのように表現するか…ゲーム製作者の腕の見せ所ですね!

期待大の機能です!

アダプティブトリガー

アダプティブトリガーは、アクションを行う際にトリガーにかかる抵抗力が加減される機能のようです。

例えば、銃の引き金を引く際の抵抗力が変化したり、アクションによって必要な力が変化します。

より繊細な表現ができるようになり、トリガーの操作一つにも気を配ることになりそうですね。

アクションゲームやリズムゲームと相性が良さそうです。

ゲームにより没頭できる機能ですので、こちらもゲーマーにとっては期待大です!

3Dオーディオ

映画館などの施設で導入されていた3DオーディオがPS5にも導入されます。

これまでのモニターでは正面からしか聞こえなかった音が、ゲーム内で音が発生した方向から聞こえるようになります。

なんといっても驚きなのが、この3Dオーディオをヘッドセットだけで体感できること!

従来であれば高価なサウンドシステムを揃えなければ体感できなかった立体音響が安価なヘッドセットだけで楽しむことができるのです!

様々な罠が張り巡らされるデモンズには非常に相性の良い機能ですね。

集中しすぎて家族の声が聞こえなかった…なんてことで喧嘩が起こらないと良いですが…。

スポンサーリンク

PS5の発売時期と予約方法は?

PS5の発売時期は年末商戦と発表されていますが、詳しい日程はまだ発表されていません。

米国では招待制の先行予約がスタートしているそうです。

先行予約はPSNアカウントとPNSに紐付されたメールアドレスが必要で、過去のPlayStation上で活動が招待されるか否かの判断基準になるとか…。

これが一体どのようなことを意味するのは少々不安ですね。

日本でも同様に先行予約が招待制になる可能性は否定できません。

判断基準が不明ではありますが、チャレンジしなければ予約はできませんので今の内からPSNアカウントとメールアドレスを確認しておきましょう!

気になる本体価格とDemon’s Soulsの発売予定日の情報も早く知りたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました