ガンダムファクトリー横浜に行ってきた!混雑状況と駐車場情報も!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00横浜ガンダムが動く!体験レポ

2020年12月19日にオープンしたガンダムファクトリー横浜に行ってきました。

こちらでは実物大の動くガンダムが見れるとあって、オープン前から話題沸騰!

数々のメディアにも取り上げられ、ガンダムファンならぜひ一度は行きたい施設です。

運よく間近でガンダムを見られる「ガンダムドックタワー」の鑑賞券を購入することができたため、満を持して行ってきました!

当日利用した駐車場情報やその他のオススメ駐車場情報、混雑状況もレポートします!

スポンサーリンク

ガンダムファクトリー横浜へのアクセス・駐車場情報と混雑状況

ガンダムファクトリー横浜 外観

ガンダムファクトリー横浜に行ったのは2021年1月8日。

緊急事態宣言が出てしまった翌日ではありますが、休園・返金のアナウンスも無いので行くことにしました。

ガンダムファクトリー横浜へのアクセスと駐車場

ガンダムファクトリー横浜の公式サイトでは公共交通機関を利用したアクセスを推奨しています。

しかし、首都高速神奈川3号狩場線の「山下町出口」「新山下出入口」が近くにあるため車でのアクセスも良好です。

■車でアクセスした時の駐車場

ガンダムファクトリー横浜は提携している駐車場がないため、コインパーキングなどに車を止める必要があります。

私は車でアクセスしましたのでガンダムファクトリーに最も近い駐車場の「山下公園駐車場」を利用しました。

山下公園駐車場

  • 住所  :神奈川県横浜市中区山下町279
  • 収容台数:223台
  • 営業時間:24時間
  • 料金  :平日  30分260円(当日の最大料金2,080円)
         土日祝 30分300円
    ※土日祝の最大料金はありませんのでご注意ください。

■横浜中華街の観光もしたい方におすすめの駐車場

ガンダムファクトリーだけでなく中華街の観光もしたいとなると、3時間以上は所要時間を見た方が良いと思います。

そうすると「山下公園駐車場」は平日の最大料金も高めの価格設定ですし土日祝は最大料金がありませんので、駐車料金だけで結構かかってしいます。

長時間の利用を考えているならガンダムファクトリーからは少し離れてしまいますが、平日・休日ともに最大料金の設定がある「タイムズステーション横浜山下町」か「チャイナパーキング」が良いと思います。

どちらの駐車場も収容台数が多く、平日ではなくても止められる可能性が高いです。

タイムズステーション横浜山下町

  • 住所  :神奈川県横浜市中区山下町28
  • 収容台数:301台
  • 営業時間:24時間
  • 料金  :平日  8:00-22:00 30分 300円
             (最大料金1,300円)
         土日祝 8:00-22:00 30分 500円
             (最大料金2,500円)
         夜間  22:00-8:00 60分 100円

チャイナパーキング

  • 住所  :神奈川県横浜市中区山下町80-1
  • 収容台数:122台
  • 営業時間:8:00~0:00
  • 料金  :平日  30分350円(最大料金1,500円)
         土日祝 30分400円(最大料金2,800円)
  • 備考  :機械式立体駐車場なので駐車場内を歩かなくてよい
         ハイルーフ車も対応している機械あり

ガンダムファクトリーは山下埠頭の先端にありますので、最寄り駐車場の「山下公園駐車場」でも5分くらい歩きました(私が歩くの遅いせいかもしれませんが)

3時間未満は歩く距離が少なくて済む「山下公園駐車場」で、それ以上は「タイムズステーション横浜山下町」か「チャイナパーキング」に止めるのがオススメです。

ガンダムファクトリー横浜の入場に関して

緊急事態宣言が発出されたため、ガンダムファクトリー横浜もチケットの販売などに変更があります。
営業時間の短縮が決定したため既に購入した19:45~のドックタワーチケットは払い戻し対応となるそうです。
今後のチケットの予約・販売状況は公式サイトにてご確認ください。

ガンダムファクトリー横浜はチケットを購入して入場します。

入場できる時間は2時間制となっていますので、詳しくは公式サイトをご覧ください。

間近でガンダムを見られる「ガンダムドックタワー」に入場するためにはさらに追加料金がかかり、時間も45分ほどですので入場時間との兼ね合いを考える必要があります。

入場料 :大人 1,650円
     小人 1,100円
     ガンダムドックタワー 3,300円(別途入場料が必要)

ガンダムファクトリー横浜の混雑具合

平日のお昼12:00~入場の回を予約していました。

まったく混雑しておらず、わざわざソーシャルディスタンスを考えるまでもなく他の方とは距離が取れます。

ディズニーのような混雑状況を覚悟していましたので拍子抜けしてしまったほどです。

チケットに販売制限があること、平日であること、コロナの緊急事態宣言が出ていることなど、様々な要因が重なった結果かもしれません。

土日の混雑具合は全く不明ですのでご了承ください。

スポンサーリンク

これが動くガンダム!RX-78 F00横浜ガンダムだ!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00

こちらがガンダムファクトリー横浜に設置されているRX-78F00 通称「横浜ガンダム」です!

他のお客さんと比較するとガンダムが桁違いに大きいのがご確認いただけると思います。

横浜ガンダムは高さ18m、重さ25tとのことです。

ガンダム起動実験スタート!

動くガンダムが見られるのは毎時0分~と毎時30分~となっています。

間近で動くガンダムが見られる回数は限られていますので、見逃さないようにしたいところです。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 その2

横浜ガンダムの起動実験は、まずはガンダムをガードしていたアームが動きます。

3本全部が一度に動くのではなく、時間差で上から1本ずつなのがなんとも…良い!

このアームが解除されるのを見ているだけでワクワクしてきます。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 その3

全てのアームが解除され、ガンダムが左足を動かし始める。

この段階では自動運転モード的なものという設定らしい。

上半身が若干前かがみになっているのが本物らしさを感じさせます。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00横浜ガンダムが動く!

左足を動かした後に右足を持ち上げるガンダム。

ちゃんと左腕が前に出ており、人間の歩行と同じように足とは逆の腕が動いているのです。

横浜ガンダム、大地に立つ!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 横浜ガンダムが膝をつく

と思いきや突然のエマージェンシーアラート!!

なんでもOSがシャットダウンしてしまったらしい。

自重に耐えられず、ゆっくりと左膝を地面についてしまう横浜ガンダム。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 膝をつく横浜ガンダム

私のガンダムが!!!!!

しかしOSを手動で立ち上げ直すことを決定し、起動実験は続行。

がんばれ!テストパイロット!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 横浜ガンダム再起動

無事にOSの再起動に成功し、慎重に立ち上がるガンダム。

右手をゆっくりと上げ…

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 空を指さす横浜ガンダム

天を指さす横浜ガンダム!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 空を指さす横浜がガンダム全体写真

トラブルはあったものの、RX-78F00 横浜ガンダムの起動実験は成功に終わりました!

良かった良かった!

このポーズを見るとラストシューティングを思い出しますね。

ラストシューティングは頭部も左腕もなくてバランスが悪く、腕をまっすぐ真上に挙げている事、さらには脚を大きく広げていることから現在の技術では非常に難しい…不可能なのかもしれません。

頭部・左腕ありのエクバ状態で全く構わないので…というか大歓迎なので、いつか等身大ガンダムでもラストシューティングを見てみたいな。

スポンサーリンク

ガンダムドックタワーでRX-78F00横浜ガンダムを間近で鑑賞!

せっかくだから間近でガンダム見ないとね!

という思いの元、もちろんガンダムドックタワーのチケットも購入しましたよ!

ドックタワー特別観覧デッキに入れるのは45分間で3,300円!!

入園料とは別にチケットを購入する必要がありますので、間近で動くガンダムを見たい方は5,000円ほどかかることになります。

5階・6階の高さ両方から至近距離で横浜ガンダムを見ることができます。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 足

エレベーターを待っている間に撮った写真。

18mの巨体を支える足はやはり大きいのである。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 横浜ガンダムと船

横浜の街を眺めているガンダム。

船とともに写っているのが何とも現実離れしている感じ。

人類は遂にここまで来たのだ。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 CAUTIONとWARNIGがいっぱい

各部のパーツにはCAUTIONやらWARNINGやらがたくさん。

どんだけ注意を促すんだガンダム!

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 上から見下ろす

残念ながら我々一般観覧者はこの金網の上を歩けないのだ。

安全第一ヘルメットと命綱装着で対応して欲しい…

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 横浜ガンダムの凛々しい横顔

凛々しい横顔。

ガンダムを抑えるドックのアームや、横浜ガンダムの肩に付いている青いランプは起動実験の際に点灯します。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 海と横浜ガンダム

頭部バルカンには万が一の時のため実弾は入っていないだろう。

ガンダム越しに見える横浜沿岸の街並みが良い。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 横浜ガンダム全体写真

せっかくだから正面からと上から見た全体像。

ガンダムドックタワーは高い場所から横浜ガンダムを見られるので、高所恐怖症の方は辛いかもしれない。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 空を指さす横浜ガンダム横から

天を指さす横浜ガンダム。

晴れた夜だったら星を指さしているように見えたのかもしれない。

それはそれでロマンチックですね。

ところで・・・月は出ているか?

そんなこんなで特別観覧デッキの時間は終了。

間近でガンダムを見られるまたとない機会。

ガンダムファクトリー横浜に行ったらぜひともドックタワーの利用もご検討ください。

ちなみにドックタワーは高い位置からガンダムを眺められるため

めちゃくちゃ寒いです。

私が行った日は気温も低いので特に寒かったのですが、海風も当たるため地上より体感温度は低くなります。

ドックタワーに行く予定の方は防寒はしっかりなさってください。

スポンサーリンク

ここでしか買えないアイテムがたくさん!限定ショップ!

ガンダムファクトリー横浜には「The GUNDUM Base YOKOHAMA Satellite」があります。

ここでしか購入できない商品の販売を行っており、ガンダム好きな方には嬉しいお店です。

入り口には数々のガンプラが飾られており、いずれも非常にクオリティの高い作品でした。

写真撮影は禁止されていたのでお見せ出来ないのが残念でなりません…。

ショップでは文房具やパンフレットはもちろん、RX-78F00横浜ガンダムのガンプラや超合金ガンダムの販売まで!

もちろんお土産にぴったりなお菓子も取り扱っています。

ガンダムファクトリー横浜 お土産のクッキー
出展:ガンダムファクトリー横浜 公式サイト

限定商品と聞くと…ついつい買いたくなっちゃいますね…

ガンダムファクトリー横浜 お土産の横濱ハーバー

横浜の銘菓「横濱ハーバー」とガンダムファクトリーのコラボ商品。

こちらをお土産に買いました。

スポンサーリンク

今回はガンダムカフェの利用は見送り

ガンダムファクトリー横浜内には「GUNDUM Café YOKOHAMA Satellite」というカフェがあります。

横浜の飲食店とのコラボメニューなど、ここでしか食べられないメニューがあり、横浜ガンダムを眺めながら食事が出来るのが最大のメリット。

特に私が行った日のように非常に寒い日には暖かい店内からガンダムを見るのが良いかもしれません…。

メニューはパスタやスイーツなどのカフェメニューの他、横浜の飲食店とコラボしたハンバーガーやカレー、ガンダムラテアートなどがありました。

今回は2時間しか入場時間がなく、うち45分はガンダムドックタワーで過ごすことが決まっていたため、カフェの利用を見送りました。

メニュー自体はコンセプト系は少ないので、よりガンダムの世界観を表したメニューを楽しみたい方は秋葉原の「GUNDUM Café TOKYO BRAND CORE」の方が楽しめると思います。

スポンサーリンク

原寸大の動くガンダムが出来るまでをアカデミーで学ぶ

ガンダムファクトリー横浜 アカデミー

横浜ガンダムがどのような構造をしており、どのように製造されたのか。

それを知ることが出来るのが「アカデミー」です。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 アカデミー

各種展示はもちろん、ガンダムの動き(可動域等)を確認できる模型もあります。

ガンダムファクトリー横浜 RX-78F00 模型

ドックタワーに収まったRX-78F00横浜ガンダムの模型も。

このミニチュアも非常に精巧に作られているんです。

ミニチュアといっても、結構大きいので見応えはありますよ。

ガンダムファクトリー横浜 アカデミー

巨大モニターには横浜ガンダムがリアルタイムで映し出されているらしいです。

ということは、ここでも起動実験を見ることが出来るのかな?

アカデミーの目玉である「GUNDAM Pilot View SoftBank 5G EXPERIENCE」ではガンダムの視点を動かすことができ、まるでコックピットに乗り込んだかのような体験をすることができます。

このパイロットビューは体験できる人数が限られており、私が行った時には入場した順で整理券がもらえました。

運よく体験することが出来たのですが、自分の希望する方向にガンダムの視点を動かすことができ、短時間ながらも気分はパイロット!

体験できる人数が少ないため、やっている時にはギャラリーが出来ていました。

土日ですと争奪戦になりそうですが、整理券がもらえたら必ず体験してみてくださいね!

ただし乗り物酔いしやすい方だと気分が悪くなってしまうかもしれませんので、その点だけ注意してください。

スポンサーリンク

ガンダムファクトリー横浜で動くガンダムを楽しもう!

ガンダムファクトリー横浜のレポートをお届けしました。

動くガンダムを間近で見られるのはもちろん、限定グッズやコラボメニュー、動くガンダムが出来上がるまでの試行錯誤の歴史を見ることが出来ます。

チケットは2時間制となっていますが、ガンダムドックタワーを利用しないなら十分回り切れる広さです。

(むしろカフェを利用しないと時間が余ってしまうかも知れない…)

逆にガンダムドックタワーを利用する方ですと時間がキツキツですので、事前にどこでどれくらいの時間を使うか考えておくと良いと思います。

私の場合はカフェを無くしてショップの物色時間を増やしました。

ガンダム好きな方なら必ず楽しめるガンダムファクトリー横浜は2022年3月31日まで開催しています。

まだ一年以上期間がありますので、焦らなくても大丈夫!

冬季限定の演出もあるので、ひょっとしたら夏限定バージョンも出てくるかも知れません。

今はコロナで人のいる場所への移動が不安な方もいらっしゃると思いますが、落ち着いた頃に行くのも良いと思いますよ。

スポンサーリンク

ガンダムファクトリー横浜 詳細データ

上の画像はトイレの壁に書かれていたイラストです。

ガンダムとハロのデフォルメされた姿が可愛い。

施設名 :GUNDAM FACTORY YOKOHAMA
     (ガンダムファクトリー横浜)
住所  :神奈川県横浜市中区山下町279番25
     山下ふ頭内
最寄り駅:みなとみらい線 元町・中華街駅 4出口
駐車場 :なし
     私が利用した駐車場はこちらをご覧ください
営業時間:時期によって異なります
     詳しくは公式サイトをご覧ください
入場料 :大人 1,650円
     小人 1,100円
     ガンダムドックタワー 3,300円(別途入場料が必要)

コメント

タイトルとURLをコピーしました