初めてのバリ島旅行記6 4日目 エレファントサファリパークでゾウ乗り体験

グルメレポ

バリ島4日目は夕方より「Elephant Safari Park」にてゾウ乗り体験です。

H.I.Sの「サファリアンダーザスター」というオプショナルツアーを申し込んでいました。

その名の通り、ナイトサファリです。

ただしゾウさんしかいない動物園の。

スポンサーリンク

Elephant Safari Parkはリンバのホテルから遠すぎた

午後2:30頃にパークの方がホテルまで迎えに来てくれました。

そこからは車に揺られて長い道のりを行きます。

市街地を通り過ぎどんどん山の方へ…。

途中スコールも降り出し、上り坂の道はまるで川のごとし。

車の速度は非常に早く、道の整備もしっかりとされている訳ではないので、もはやこれだけでアトラクションなのでは…と考えてしまうほど。

ガタガタと跳ねる跳ねる。

車酔いしやすい人なら大変なことになってたと思う…。

見える景色は森ばかり。

スコールが止んだ後に歩いている人たちは頭に籠を乗せて運んでらっしゃる…。

大変な所に来てしまった…」と思いつつ、車に乗ってからおよそ2時間後、ようやくパークに到着しました。

正直な所、まさかこれ程までに時間がかかるとは思ってもいなかった。

そしてこれ程までに道中がアトラクションだとも思ってもいなかった。

スポンサーリンク

山奥にあるゾウさんの楽園 Elephant Safari Park

サファリアンダーザスターは昼のツアーの人達とは入れ替え制で、我が家だけがツアーを申し込んだようです。

なのでガイドさんも付きっきりのプライベートツアー状態。

入ったらまずはゾウの資料を見学です。

ゾウやマンモスの骨格標本とか、ゾウの牙を丸々使った彫刻作品、他にもゾウの生体資料(英文)など色々あります。

満足したらゾウの餌やり体験に向かいます。

資料館を出て右手を見るとすぐにゾウが!

ちょうど食事時らしく全力で食べてる!

敷地は非常に広大で、全部で31頭のゾウがいるそうです。

食事中は他のゾウのご飯を奪わないように足に鎖を巻いていると説明を受けました。

ということは、食事中じゃなければ自由に動き回るゾウが見られるのかな?

餌やりに向かう途中にいた魚。

ビックリする大きさで、ウツボかと思いました。

ナマズかな?聞けば良かった。

スポンサーリンク

ゾウの餌やりはどんどん餌を用意してもらえる

ここで餌やり体験をします。

30cmくらいの長さ、4cmくらいの幅の竹をあげます。

飼育員さんがバケツ一杯の竹を地面にガサッと置いてくれるので、好きなだけあげてくださいとのこと。

写真の奥に写っている花輪は、後でゾウが鼻で上手にかけてくれました。

鼻で器用に竹を掴み、バリバリ音を立てながら食べてくれます。

凄い音でしたよ。

タイで餌やり体験をした人の話を聞いたことがあるのですが、一回あげたら終わりだったらしいです。

しかしながらこちらは竹も沢山用意してもらえるし、ゾウも2頭いるので待ち時間なしであげられる。

大変良いです!

子供連れなら絶対こっち!

もちろんゾウも触らせてもらえますよ!

写真撮り放題だよ!

餌やり場の隣にある池。目線が同じ高さになります。

やはりデカい!

園内にはゾウをモチーフとしたミュージアムもあり

餌をあげた後は園内散策をし、併設されたアートミュージアムを鑑賞。

撮影はしない方が良いかと思いましたので写真はありませんが、素敵な作品ばかりでした。

彫刻が素晴らしかった。

スポンサーリンク

エレファントサファリパークの目玉はゾウのショー!

その後はゾウのショーです!

大分暗くなってしまったため写真は撮影できなかったのですが、1本橋を器用に渡ったり、バスケットゴールにダンクを決めたりと、様々な芸をやってくれます。

ゾウも一頭じゃなく、何頭も出てきてくれます。

プラカードを使った足し算にも間違えずに答えたり、やっぱりゾウは賢いです。

サーカスよりもずっと距離が近く、様々な芸を見せてくれるゾウに家族全員大興奮でした。

スポンサーリンク

お待ちかねのナイトサファリ

ショーの後はゾウ乗り体験。

ゾウの背中に用意された椅子に乗って夜の森の中に進んでいきます。

タイで乗ったゾウとは違い椅子に屋根がないのですが、傘を貸してもらえるので安心です。

晴れていれば星が見えるのでしょうが、雨季のため残念ながら空は曇り。

ですが、道中雨は降らなかったので幸いでした。

結構長い時間乗せてもらえましたよ!

10~20分くらいかな?

ゾウに乗ることは日本ではそうそうできませんが、南国の夜の森のさながらジャングルのような雰囲気も日本では味わえません。

真っ暗ではないとは言え、明るいとは言えない中で移動する森の中は現実離れした雰囲気でした。

ちなみにゾウ使いの兄ちゃんはちょっとだけ日本語が喋れた。

スポンサーリンク

エレファントサファリパークで夕食を

このコースには「豪華なディナー」が付いているとパンフレットにありました。

家族全員ミーゴレンかナシゴレンにデザートが付いているのだろうと予想しておりました。

だって凄い山奥だしさ…。

あんま期待はしちゃダメだよね…と…。

さてその結果は…?

ちゃんとした豪華なディナーでした!

ミーゴレンナシゴレンではありません!やったー!

最初に出てきたのはは前菜の生春巻き。

おいしい。すごくおいしい。

アボカドとポテトのエビ添え。

これもおいしい。

周りのバルサミコソースが味に変化を付けてくれます。

ブロッコリーのスープ。

最初はニコニコマークかと思ったんだけど、ひょっとしてゾウさんかな…?

チキンとマッシュルーム、スパイシーライス添え。

ライスはゴレンの味付け。

でもこれまでの中で一番食べやすく、おいしいゴレンでした。

チキンもちょっぴりスパイシー。

メインはチキンと魚から選べるのですが、家族全員チキンに。

どんなものが出てくるかわからなかったからさ…。

しかし魚にしても良かったと親は残念がっていました。

良い方向に予想を裏切ってくれたからね!

ミックスベリーのアイスとレアチーズケーキ。

こんなに素敵なデザートまで付いてくるなんて…!

ちなみにドリンクも付いてます。

アイスはイチゴをメインにラズベリーなど、他のベリーの風味を感じます。

レアチーズケーキは柑橘にレモンではなくライムを使っているようです。

濃厚でありながらライムの爽やかさのおかげで食べやすいです。

どの料理も凄くおいしかったです。

正直な所、リンバのトゥゲのディナーより美味しい。

家族全員一致の意見なので間違いなし!

満足してたらチップを置き忘れました。

この日は雨が降りそうだったため、屋内での食事となりました。

晴れた日であればヤシの木の下でディナーを食べられるそうです。

その時はゾウさんを見ながら食べられる的なことを言ってたかな?

ディナーの後はゾウさんグッズのショップでお買いもの。

ゾウに関する様々なアイテムを取り扱っております。

どれも素敵なもので、見ている時間が足りない!

あれも欲しい!これも欲しい!って感じでした。

午後9時に園を出ないと行けないので大慌てでしたね。

スポンサーリンク

帰りの道もヤバかった…

帰りの道中も言うまでもなくアトラクション。

暗く街灯のあまり無い山道を猛スピードで走り抜けます。

ジュラシックパークかな?

ヤバいよね、日本じゃ捕まってるよね。

ドライバーさんの(危険な)尽力もあり、11時前にはホテルに到着です。

凄いよドライバーさん。

レーサーのごとしだよ。

部屋に帰ると凄く素敵なものが!

まるで今日エレファントサファリパークに行くことを知っていたかのよう!(それはそれで怖い)

ゾウさんフィーバー中なので大喜びでした。

こうしてバリ島最後の夜が過ぎていきました。

スポンサーリンク

バリに行くならエレファントサファリパークに行ってほしい!

エレファントサファリパーク、大変おすすめですよ!

ゾウのショーにゾウ乗り、餌やり体験に豪華な食事!

園内は清潔で臭いもあまり感じませんでした。

むしろトイレはこれまでバリで行った中で1番綺麗かもってくらい…(ホテルは除きます)

キリンさんよりゾウさんが好きな方だけでなく、様々な方が楽しめるパークだと思います。

バリに行くことがあったら是非行ってみて下さい。

本当におすすめです!!

ちなみにエレファントサファリパークではコテージ形式のホテルも経営しているらしいです。

そちらもネットでの評価は大変良いので、動物好きな方は宿泊を検討されてはいかがでしょうか?

なんでも朝食会場に行くためにゾウさんが迎えに来てくれるらしいですよ!

次にバリに行くときは一日だけでも良いからこのパークに泊まりたい!

次の記事

初めてのバリ島旅行記7 5日目 さようならバリ島
ついにきてしまったバリ島最後の日。もはや悲しみしかありません。過ごしなれたトゥゲで野菜たっぷり(もはやサラダのみ)の朝食を食べ、荷造りをし、12時ギリギリにチェックアウトをする。快適だったリンバとお別れです...

前の記事

初めてのバリ島旅行記5 3日目 アフタヌーンティーレビュー
3日目は朝からスパに行きました。送迎付きプランを予約していたのですが大正解。タクシーで行くのも難しそうな場所にあったのでラッキーです。スパ「シエスタ」の感想をざざっと本当は写真を撮ってお見せ...
タイトルとURLをコピーしました