洋食大野亭 ハンバーグ グルメレビュー【吉祥寺】

グルメレポ

久しぶりにローストビーフ丼が食べたくなり、吉祥寺の「ローストビーフ大野」に行くことにしました。

お店は地下にあるので看板を探すと「洋食大野亭」の看板が…

どうやら経営会社は変わらず、お店が変わったようです。

ローストビーフ丼専門店からハンバーグも扱うお店になりました。

スポンサーリンク

洋食大野亭 混雑具合とメニューの内容

店内の間取りは以前と変わりなく、テーブル席とカウンター席があります。

ランチタイムなので客入りはまあまあでしたが、待つことなく座れました。

メニューはハンバーグがいくつかと、ステーキ、ローストビーフ丼などがあります。

以前は2種類あったローストビーフ丼は和牛のみとなりました。

「ローストビーフ大野」時代に和牛ローストビーフ丼のレポをしていますので、気になる方は下記のリンクよりご覧ください。

ローストビーフ大野 ローストビーフ丼【業態変更・吉祥寺】
【2018.07.08追記】 こちらの店舗は「洋食大野亭」に変更になりました。 ローストビーフ丼は和牛のみの取り扱いとなりましたので、ご注意下さい。 「洋食大野亭」のハンバーグのグルメレポは下記リンクよりご覧ください。...

各料理にはジンジャースープとライスが付いていて、サラダは180円で付けることができます。

今回はオニオンソースハンバーグとサラダにしました。

せっかくなのでテーブルにあったドリンクメニュー。

ドリンクメニュー

オープン記念でハイボールはもう少し安くなるようです。

スポンサーリンク

洋食大野亭 料理の感想

サラダ、スープはすぐに運ばれてきました。

サラダとスープ

赤いナプキンはハンバーグにソースを掛ける時に跳ねないように、黒の不織布はエプロンだそうです。

サラダはキヌア入りのグリーンサラダです。

ドレッシングは多分オニオン。

ジンジャースープは濃いめの味付けです。

カボチャと山芋が入っています。

生姜の味は強くないので、生姜が苦手な方でもきっと大丈夫。

ハンバーグ

メインのハンバーグです。

赤ナプキンでガードすると店員さんがソースを掛けてくれました。

かなりジュージューします。

服に跳ねないよう注意が必要です。

ハンバーグは柔らかいです。

生焼けというわけではなくて、生地自体が柔らかく作られていますのでご安心ください。

どうやってこの柔らかさを出すのかな?

家で作るとカチカチになっちゃうので教えて欲しい…!

オニオンソースはかなり甘いと感じました。

甘いソースは好みが別れますので、お嫌いな方は別のメニューを選んだ方が無難かもしれません。

付け合わせはナス、カブ、ブロッコリー、バターコーン。

旬の野菜が多いので、季節によって付け合わせは変わるかも知れませんね。

写真を撮り忘れましたがライスは結構多いです。

男性もお腹いっぱいになると思います。

スポンサーリンク

洋食大野亭 値段

会計は1,469円。

やはりクレジットカードは使えないので現金をご用意くださいね。

タイトルとURLをコピーしました