ローソンスイーツ新作ベリベリバスショコ実食&口コミ!

ローソン ベリベリバスショココンビニスイーツ

3月2日に新発売となったローソンスイーツ「ベリベリバスショコ」。

人気のショコラバスチーとイチゴクリームが合わさったスイーツです。

見た目も可愛いイチゴの季節限定のベリベリバスショコを実際に食べてみましたので、感想を口コミします!

なお土台となったショコラバスチーに関しては別記事で感想をアップしていますので、そちらもご覧ください。

スポンサーリンク

ローソンスイーツ ベリベリバスショコ パッケージ

ローソン ベリベリバスショコ パッケージ

ベリベリバスショコはゴールドのトレイと透明なドーム型のフタに入っています。

ゴディバコラボのショコラドームヴァニーユと同じ容器ですね。

商品名ラベルの苺とチョコのイラストがとても可愛いです。

ラベルが黄色と茶色なのもバスチーカラーで良いですね。

スポンサーリンク

ローソンスイーツ ベリベリバスショコ 食べた感想

ローソン ベリベリバスショコ

ベリベリバスショコはショコラバスチーの上にいちごクリームがトッピングされています。

茶色とピンクのコントラストが非常に可愛いですね。

ストロベリーピースの赤色もアクセントになっていて可愛さアップ!

ローソン ベリベリバスショコ

イチゴクリームの配置もこだわりがあります。

中央に大きく苺クリームをトッピングし、周りに三角形の頂点の位置に苺クリームを配置。

ただクリームを絞っているだけではないので見た目も華やか。

さすがは「プレミアムバスチー」ですよね!

先にネタバレになっちゃいますが、ベリベリバスショコのスイーツの構成は次のようになっています。

  • ストロベリーピース
  • ストロベリークリーム
  • ストロベリージュレ
  • ショコラバスチー

ローソンスイーツ ベリベリバスショコはドライブ中に食べられる?

ベリベリバスショコはイチゴクリームとチョコの香りはするものの、においの強いスイーツではありません。

ですが金色のトレーはスイーツが落ちないような高さの縁や枠があるわけではありません。

フタをしていない状態だと衝撃でトレーから転げ落ちそうですので、テーブルの上など安定した場所で食べる方が良さそうなスイーツだと思います。

ショコラバスチー自体も固さというか粘り強さがあり、掬うのに少し力がいります。

車の中で食べられないこともないですが、落とさないよう注意が必要です。

いっそトレーは取っ払ってフィルムを持って食べてしまえば落ちる心配はないかも?

ローソンスイーツ ベリベリバスショコ 味の感想

ローソン ベリベリバスショコ 断面

断面は画像のようになっています。

イチゴクリームの中にイチゴジュレが入っています。

イチゴジュレは真っ赤なので、スイーツ全体の色合いがとても可愛いですよね。

イチゴクリームは甘さはあるけど甘すぎない。

しつこくない味わいです。

イチゴの味がしっかりしていてイチゴ好きなら嬉しいクリームであること間違いなし!

ショコラバスチーはしっかり甘くて濃厚なチョコです。

しっとりしていてなめらかで、ほんのり苦みを感じる大人な味。

濃厚だけど、イチゴクリームの味を完璧に消してしまうわけではありません。

ショコラバスチーとイチゴクリームは相性抜群!

イチゴジュレは甘さがしっかりあるだけでなく、酸味も強めのジュレ。

ショコラバスチーと一緒に食べると酸味がプラスされて美味しいです。

このジュレのおかげで味が一辺倒ではなくなるので、これはあって良かったジュレ!

元々の相性がバッチリなイチゴとチョコの組み合わせなので、文句なしに鉄板的なスイーツです。

イチゴの味もチョコの味もちゃんとするので、どちらが好きな人でも満足できます。

個人的にはベリベリバスショコはオススメなスイーツ!

ただ、土台のショコラバスチー自体がどっしりしており、私には1個丸ごとは多かったです。

食べられるけど飽きちゃう感じ。

誰かと半分こするのがオススメかな。

スポンサーリンク

ローソンスイーツ ベリベリバスショコ 栄養情報

商品名ベリベリバスショコタンパク質6.7g
購入店舗ローソン脂質31.0g
内容量1コ糖質33.7g
製造者コスモフーズ食物繊維1.8g
価格(税込)380円食塩相当量0.41g
エネルギー444kcla  

コメント

タイトルとURLをコピーしました